受けるときの流れ|キッズモデルになるためのポイント|芸能界への第一歩
フラワー

キッズモデルになるためのポイント|芸能界への第一歩

受けるときの流れ

マイク

以前は声優というとオタク文化の一種で、顔は隠して声だけで仕事することが一般的でした。今でも確かにオタク文化のものではあるのですが、以前に比べて声優はメディア進出が増え、今ではアイドルのような扱いを受けている声優も多くいます。そのため声優になりたいという人が増えていて、オーディションに受かるのも倍率がとても高くなっています。声優のオーディションに受かるためには、きちんとレッスンを受けてオーディションの対策をすることが大事です。
声優は声だけの仕事ではなく、歌や踊り、トークなど様々な仕事をしています。そのため、声優に求められるものは演技力だけではなく、礼儀や自己PR力など多くのものが求められます。オーディションではまず初めに書類審査によって合否が判断されます。このとき、経歴の他に自己PRも必要になるので、しっかりアピールすることが大事です。どういった仕事をしていきたいのかということや、人柄についてアピールしましょう。書類審査に通った場合、実技審査に進みます。受けるオーディションによってその内容は変化しますが、多くの場合セリフ読みやナレーションなどがあります。仕事内容はアニメや映画での吹き替えばかりだと考える人もいますが、テレビ番組でのナレーションやイベントやCDでの朗読を行なうことも多いです。そうした多くの仕事を想定してしっかり対策することが大切です。他にも、口頭での自己PRが入ります。審査員の印象に残ることが大切ですが、あまり羽目を外さないよう注意しましょう。